BLOG

KIWAMI SOFA SHOP納品事例『極ソファAMOR 湯河原町O様邸』

KIWAMI SOFA SHOP,足柄下郡湯河原町AMOR納品事例2

こんにちはKIWAMI SOFA SHOPです。
本日は,『極ソファ AMOR』の納品事例をご紹介させて頂きます。
今回納品させて頂いたのは、当店近くにお住いのO様邸。
なんとO様邸は,長い時間をかけて醸成された築100年の木造住宅。
多くの人から愛され,大切にメンテナンスをしながら維持され続けているお家は言葉では表現出来ない素敵な佇まいです。
こだわりの趣の有る空間に極ソファお選び頂き大変嬉しく感謝申し上げます。

築100年のこだわりの空間にお選び頂いた極ソファAMOR

外に広がる素敵なお庭をご夫婦でゆったりと眺める。
そんな時間を過ごせるソファやチェアをお探しだったO様。
ただ、柔らかすぎたり、奥行きが深過ぎるソファだと疲れやすかったり立ち上がりづらかったりということを心配されていました。そこで、高密度ウレタンと腰サポート仕様の背面クッションにより、座面の程良い柔らかさと、腰をしっかりと支えられながら体全体を優しく包み込むような座り心地が特徴の極ソファ・AMORをご提案し,お選び頂きました。

しっかりとした重厚感のあるフレームとキャメルのハイグレードレザーは新しいながらも、長い時間を経た和の空間にもしっかりと馴染んでいます。無垢材やレザーが経年変化して行き,味わい深くなった時の表情を見るのも楽しみですね。

アンティークチェアの張替えも共に

ソファのご注文を頂いた際にご相談頂いたのがこちらのアンティークチェアの張替。
前の持ち主から受け継がれてきた永く大切に使われてきたアンティークのチェア。
買い換えて新しいものに取り換え、また違った雰囲気の空間に仕上げるのも楽しいと思いますが、
時間をかけて出た深み、味わいは「時間」を経た物にしか出ません。

しかし、座面などは消耗する部分なのでいずれ座ることに耐えられなくなるときが訪れます。
何もせず、フレームともに経た「時間」を愛でるのも楽しいと思いますが、座面のウレタンクッションを打ち直し、
張り替えることで今までの「時間」とともに生まれ変わらせることもできます。



今回は本革で張替え致しました。
フレームの味わいはそのままに座り心地を蘇らせ、新たに生まれ変わったお気に入りのチェアです。

ご提案にお邪魔したときに感じた、あの優しく、柔らかでそして凛とした忘れがたい空気感。
100年近い時間をかけて、何世代にもわたり愛され、手入れがなされた家がからこそ醸し出せるものなのではないでしょうか。そんな素敵な空間に、これからの100年をともに過ごせる極ソファ・AMORをお納めさせていただけましたことを本当に光栄に感じております。最後になりますが、ご提案の際から、納品のお写真撮影に至るまで何かとお気遣いいただきましたことをO様に心より感謝申し上げます。

KIWAMI SOFA SHOP

その他、納品事例はこちら!!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

New Blog

Search