BLOG

レザー or ファブリック 
‐どちらを選ぶ?? メリット デメリット‐

ソファを選ぶ時に悩む項目。
木枠かファブリックか,サイズや色,高さや機能面など
一度購入すると長く使うものなので様々な事を考え,想定し選ぶと思います。
その中でも,フレーム(モデル)が決まりサイズも決まった。次は張地。
そこで出てくる選択肢が革かファブリックか・・・。(他にも人口スウェードや合皮なども御座います。)
迷われている方も多いのでは無いのでしょうか。
今日は簡単に革とファブリックのメリット・デメリットをご紹介させて頂きます。

ファブリックソファのメリット・デメリット

ファブリックソファの良さは,色や柄物などを選べる選択肢の多さでは無いでしょうか。
極ソファの場合,数百種類の中からファブリックをお選び頂けます。
お部屋のイメージに合わせて選んで頂いたり,WOOLやCOTTONなどお好みの素材で選ぶのも一つです。

【メリット】
・豊富な種類から選べるファブリック 
・ウールやコットン,麻など好みの素材を選べる
・肌触りが良い(お洋服みたい)
・滑りにくい
・クリーニングに出せる(カバーリングタイプの場合)
・革よりもリーズナブル(合皮はあまり変わらない)

【デメリット】
・何かこぼしてしまった際,染み込む
・経年劣化して行く
・ダニやハウスダストが発生する可能性が(革より)高い
・匂いが染み込みやすい(中身に)

共通のメリットの為,あえて書いておりませんが極ソファではファブリック・レザーともにカバーリングタイプになっております。カバー交換はもちろんですが,布→革:革→布のチェンジも可能になっております。

革ソファのメリット・デメリット

レザーソファの一番の魅力はなんと言っても革の質感・風合いの良さではないでしょうか。
ファブリックでは決して出せない高級感と佇まい。
”ソファや椅子は絶対に革”という方もいらっしゃる位,革にしか出せない持ち味を持っています。
主にソファに使われる本革は牛の皮。
無垢の家具や革といった自然のものは言葉には言い表せない良さが有ります。

【メリット】
・革の風合いの良さ,高級感
・拭き掃除が出来,衛星的,
 ダニやハウスダストが発生し難い
・使い込む事で,経年変化し味が増して行く
・吸湿性,通気性に優れている
・メンテナンス次第でとっても長持ち,丈夫
・匂いが付き難い
・良い革は肌触りが良い

【デメリット】
・ファブリックに比べて高額
・水分に弱い
・メンテナンスが必要(種類次第)
・お部屋の温度に比例した表面になるので,
 冬場帰ってすぐは冷たい事がある

余談ですが・・バイカーが革ジャンを着ている理由。それは,転んだ時に体へのダメージを軽減するため。皮膚が避けた傷はとても治りにくいと言われております。その為,革のジャンパーを着て体を守っております。鞣した革はより強度が増しているので、強い皮膚が一枚増えたのと同じことになっています。
もの凄いスピードで走るバイカーが着ているという事はそれだけ強い強度が有ります。

結局どっちが良いの?

ファブックとレザーの良さですが,結局どっちが良いか。
インテリア的な事と価格面を除き,レザーの方が優れている点が多くなっています。

違いでいうとやはり衛生面,そして匂いの部分です。
革は拭き掃除が出来るので,気軽に清潔な状態を保つことが出来ます。
ファブリックタイプもカバーリングタイプのもので有れば,洗えるので綺麗に保てます。
しかし,長年の使用によるウレタンやフェザー部分に染み込んでしまった匂いはなかなか取ることが出来ません。
(何かを大量にこぼしてしまった時なども・・)
レザーの場合は繊維が細かい為,中への匂いや液体等の染み込みがほとんど有りません。
※ただし,革も水分には弱い為ご注意下さい。
上記が特に気になる方にはレザーをお薦めします。

とは言え,あくまでファブリックとレザーを比べての話なのでどちらが良くてどちらが悪いという訳では御座いません。
インテリアなのでお部屋のイメージに合わせて張地選びを楽しんで頂ければと思います♪♪

KIWAMI SOFA

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

New Blog

Search