BLOG

気になるソファの中身 ‐フェザーの事‐

ハンガリー産マザーグーススモールフェザーソファ1

こんにちはKIWAMI SOFA SHOPです。
今日は気になるソファの中身『フェザー』について。
極ソファの構造は下から『ウェービングベルト・ウレタン・フェザー』を採用した造りになっています。
それを覆っているのが先日ご紹介したフェザーバックと張地ですが,ソファに座って最初に感じるのがフェザーの感触。
ふわっと包み込まれるような感触だったり,腰やお尻に吸い付くような気持ちの良い感触です。

極ソファ,スモールフェザー

ふくらはぎから腿,お尻から腰,肩までフェザーが体に接している為,
隙間なくソファに支えられ長時間寛げる仕様になっております。

そもそもフェザーとは??フェザーとダウンの違い
フェザーとは,ダック(アヒル)やグース(ガチョウ)の羽の事を指していますが,フェザーとダウンの違いはご存知でしょうか。フェザー(羽根)は,芯が有る部分・そしてダウン(羽毛)は胸の辺りに生えている芯の無い毛だけの部分です。羽毛布団・羽根布団といった種類が有りますが,このような中身の違いが有ります。

ハンガリー産 スモールフェザーを採用

極ソファでは,『ハンガリー産 マザーグースのスモールフェザー』を採用しております。
極寒の地ハンガリーは昔から水鳥の飼育に適した環境になっています。極寒の地で育つ水鳥の羽は大きく,温かい。
そして,ダウンの輸出も国策として進めているため,上質な羽が採取されます。

高級なダウンジャケットや布団では,
軽く暖かい必要があるのでダウンを80%以上使用し残りにフェザーを使用しています。
しかし,極ソファはダウンは数パーセントのみ使用し95%以上はスモールフェザーを使用しております。
服などと違いソファは全体重をかけリラックスするものなので,
ボリュームや復元力が高いスモールフェザーを採用しております。

羽根の飛び出しや,臭い


ソファなどでこの様な状況をご覧になった事のある方も多いのではないでしょうか。(お布団やお洋服でも・・)
安価なものでは,スモールフェザーでは無く通常の大きなフェザーが使用されている事が御座います。大きなフェザーだと芯が硬く,生地を突き付けて出てしまいます。また,フェザーだけでなく縫い目や生地の目が粗かったりするとフェザーが沢山飛び出してきますので耐久性にも差が出てきます。

更にフェザーには独特の臭いが有ります。極ソファで使用しているスモールフェザーは綺麗な所で管理され,出荷前にしっかりと洗浄されたフェザーを使用していますので臭いはほぼ有りませんが,中には強い臭いが出ているものも有ります。
特に梅雨の時期などには強く感じると思います。

様々な理由から,極ソファでは上質なスモールフェザーを採用。
中身の見えないソファだからこそ自信を持ってお伝え出来る材料と造りになっております。
フレーム・ウェービングベルト・ウレタン・フェザー・張地に至るまでこだわり抜いた極ソファです。
是非,店頭にてご体感下さい。

KIWAMI SOFA SHOP

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

New Blog

Search