BLOG

【納品事例】極ソファ・Alegria

こんにちは。
KIWAMI SOFA SHOPです。
湯河原は日中もすっかり肌寒くなり、冬がもうすぐそこまで来ている感じがしますね。

今回は納品事例のご紹介です。

ベッドとしても使える極ソファ

今回納品させていただきましたZ様。
ご来店のきっかけは”ソファベッド”でした。

普段は奥様と二人だけですが、ご来客の際にお客様にお休みいただく場所にとソファベッドをお探しでした。
しかし色々見てみても、ソファとしてもベッドとしてもご納得いくものが見つけられず迷っているとお聞きし提案させていただきましたのが、『極ソファ・Alegria』でした。

『極ソファ・Alegria』は奥行110cmとかなり深めのため、背もたれクッションを外すと、ちょうどシングルベッドとほぼ同じになります。
今回お選びいただきましたW210cmのタイプは座面部分がちょうど、180cmと大人の男性でも横になれるサイズ感で臨時のベッドにピッタリなのです。
お休みになる際に、座面にシーツをかけていただくとベッドに早変わりします。
もちろん、普段お使いいただくソファとしてのクオリティは言うまでもありません。

ファブリックを楽しむ

フルカバーリングソファならではの楽しみの一つは生地選びではないでしょうか。
長年テキスタイルに関わるお仕事をされてきたZ様のお目にかなったのが、こちらの生地の組み合わせでした。

【Dタイプ】
PT-GR(左)
PT-MC(右)

ボディとクッション、それぞれ違う生地にする張り分けを行うことで、洒落た雰囲気のソファに仕上がりお部屋の雰囲気にもピッタリです。
こんな風に、ファブリックを楽しめるのもフルカバーリングソファの面白さですね。

他の張り分けの納品事例はこちら

皆が集う場所

ソファとダイニング、別々に分けてそれぞれのシーンを楽しむのも良いのですが、今回のようにダイニングテーブルとソファを寄せて配置し一つのシーンにするも良いですよね。
『極ソファ・Alegria』のボディ背面は高さ68.5cmとダイニングテーブルに寄せてもちょうど良い高さです。

ソファでくつろぐ人、テーブルで書き物をする人、それぞれが一つにシーンに収まり一緒の時間を過ごす。
ご夫婦二人の時間、お客様を招いてのにぎやかな時間。
そして、臨時のベッドとしてお休みになる時間。
『極ソファ・Alegria』は様々な時間を共に過ごせるソファです。

【お知らせ】
今年もあと1か月と少し。
時間の流れは速いですね。
極ソファの年内お届けは11月25日(日)ご注文分までとなります。
ソファを一新して新年を迎えられるよう、是非この機会にご検討くださいませ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

New Blog

Search