BLOG

『後悔しない』ソファ選び

無垢ソファ

こんにちは。KIWAMI SOFA SHOPです。

今回は自分のライフスタイルに寄り添う、
「これにしてよかった」とご満足いただけるソファの選びのポイントをご紹介します。

「素敵なソファがほしい」

「快適なソファで過ごしたい」

そう思っていざ!ソファを選ぼうと思っても、
そのイメージって意外と漠然としていて、どんなソファが良いソファなのか、
分からないという方も多いと思います。

それもその筈。良いソファの定義は十人十色、人それぞれ違います
例えば家族構成やライフスタイル、ソファを使うシーンやデザインの好みなどにより、
自分にぴったりのソファは変わってきます。

ソファって高価なものですし、そう何度も買い替える事は出来ませんから、後悔したくない。
ではたくさんあるソファの中から、一体どんなポイントを見てソファを選んだらいいの?
という方にご参考にして頂けるよう、いくつかのポイントをご紹介します。

まずはサイズを確認する

まずはソファーを置くスペースのサイズを測りましょう。
この大きさ以上はおけない、という最大サイズも確認しておくと役に立ちます。
また、現在お使いのソファが有れば、その寸法も調べておくと
大きさの比較になり、具体的に想像がしやすくなります

極ソファのラインナップにはそれぞれサイズ展開がありますので、
実際にお店にお越しいただいた際に、気に入ったソファのどのサイズがスペースに入るか確認します。

座り心地、デザイン共に気に入ったのに、ちょうどよいサイズが無い…
という場合も、オプションでサイズ調整が出来ますのでご安心ください。

また、お住いの間取りの図面をお持ちいただければ、その図面からより具体的にご提案が出来ます。
トータルコーディネートをご希望の方は、ソファを実際にお部屋に置いた3Dイメージもご覧いただけます。
これならソファを置いてみたら思ったより大きかった・小さかったなどの失敗も防げますね。

必ず!実際に座ってみる

ソファ 組み合わせ

ソファを選ぶにあたり、デザインだけでなく、座り心地もとても重要なポイントです。
極ソファでは、種類により座り心地を微妙に変えています。
お店にお越し頂いたら、必ず、ソファに実際に座って感触をお確かめください。

例えばLUXE〈ラグゼ〉は、ゆったりと包まれるような座り心地のため、座面は柔らかめに設計されています。
またLIBERTE〈リベルテ〉は、フラットシートで自由な姿勢を取りやすいよう硬めに設計されています。

このように座り心地にもそれぞれ特徴がありますので、是非、ご自宅でくつろぐのと同じようにソファに体を預けてみて、
お好みのものをお探しください。
もちろん、座り心地もカスタマイズが可能ですので、「もう少し固い方がいい」などのご要望も是非お聞かせください。

ソファを使うシチュエーションを想像する

ソファ 木枠 無垢
ひろびろ カウチ ソファ
ソファ コーディネート
ソファ 無垢 一名掛け

“パートナーと二人で映画やテレビを見て過ごす”

“家族が集まって団欒の時間を過ごす”

“友人を招いてにぎやかにホームパーティ”

“二人同じ空間にいても、別々のコトをして過ごす”

等、新しいソファを買ったら、そのソファでどんな生活がしたいかを出来るだけ具体的に考えてみましょう。

それによってソファの種類だけでなく、
何名掛けのソファが必要か。オットマンを追加しようか。
一つはカウチタイプにしよう。など、選択肢がひろがり、より理想に近いものがみつかります

生地選び


欲しいソファのモデルと、大きさが決まったら次は張地選びですね。
当店では、ファブリック、レザーを合わせて約350種の中からお好きな生地をお選び頂けます

とはいえ、こんなにも種類があるとやっぱり迷ってしまいますよね。。

そこでまずはスタッフにイメージしているお色や、生地感などをお伝えください。
ファブリックは価格別にA~F・αランクまでのランク分けをしていますので、ご予算にも応じ
お好みに合いそうなものをご提案させて頂きます。

また、ソファをお使いになる中で心配なのが汚れです。
淡い色の生地で張りたいけど、汚れが心配…という方もいらっしゃるかと思います。
そんな場合には生地に撥水加工を施し、汚れに強くすることも出来ますのでご相談ください。

と、ここまでソファの選び方のポイントをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

他にも、お客様の暮らしに寄り添うソファを選ぶためご提案できるポイントはまだまだありますので、
理想の暮らしや、あったらいいなと思う機能等、詳しくお聞かせください。

週末は暖かくなってきた湯河原に是非お越しください!
お待ちしております。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

New Blog

Search