BLOG

ダイニングチェア張替え事例

chair,reform

こんにちは。KIWAMI SOFA SHOPです。

今回は、ダイニングチェアの張替事例をご紹介致します。

最近椅子やソファの張替についてお問い合わせを頂くことが増えております。
「椅子の修理をどこに頼めばいいのかわからない」
「張替えに使う生地にはどんなものがあるの?」
「実際どれくらい綺麗になるの?

等、張替えについてお悩みの方のご参考になれば幸いです。

30年前のダイニングチェア

今回ご依頼を頂いた椅子がこちら。

chair,reform

座面、背もたれ、背もたれの裏側のファブリック部分の張替をご依頼いただきました。

約30年前に購入されたもので、しばらく使わないうちにかなり劣化が進んでしまったとのこと。
中のベルトやウレタンの消耗が激しく、座面がかなり凹んでしまっています。
ご依頼主様も、こんなの直せるのかしらと不安げなご様子でした。
買い替えも考えたそうですが、ダイニングテーブルやカップボードなどダイニング周りの家具と
デザインを揃えてご購入されたため、できれば同じ椅子を使い続けたいとの事でした。

chair,reform
chair,reform

仕上がりをご覧ください♪

chair,reform

とてもきれいに仕上がりました!
心配されていた座面も、中のバネやベルト、ウレタンを交換し元通りに!

chair,reform
chair,reform

張地も珍しいお色ですが、今回専門店等でのみ取り扱われる生地から似たものを探しご提案致しました。
他のお色も検討されたうえで、やはり元の色に一番近いものをという事でこちらをお選びいただきました。
クラシカルなレースの縁取りも、元と変わらないクオリティで綺麗に入っており新品同様に生まれ変わりました!

仕上りをご覧になりご依頼主様にも大変喜んでいただきました!!

多彩な張地バリエーション

ソファ生地 インポート

今回使用したグリーンの張地は、インポートのベルベットの様な滑らかな肌触りの生地で、
カラーバリエーションもヨーロッパならではの絶妙な色合いが素敵です。(写真右上)

KIWAMI SOFA SHOPでは日本のメーカーの張地は勿論、
海外より取り寄せた上質なファブリック等、張地を多数取り扱っております。

「できるだけ新品の頃を再現したい」
「気分を変えて今と全く違う雰囲気にしたい」等のご要望にも、
多彩なバリエーションからご要望に沿ったものを探してご提案させて頂きます。

また、インポート生地の中には他には無いお洒落な柄や、珍しいテクスチャの生地なども沢山ございます。
気に入った生地で、クッションカバーもお作り出来ますよ♪

クッション 柄 
クッション 黄色

ご家庭の家具だけでなく、店舗や施設の家具、複数の張替などもご対応可能です。
是非ご相談くださいませ。

KIWAMI SOFA SHOP

関連記事一覧

New Blog

Search